デークルージングの『プレシジョン21』

Precision21
同クラス他艇に比べて広いコックピット・広いキャビン

 設計者ジム テイラー氏によると、この艇は最もシンプルなPrecision18と最大トレーラーの使用出来るPrecision23の中間の位置づけとのことです。大変シンプルな構造、艤装が特徴的で、また軽量化に力が注がれています。軽量化により帆走性能がよくなり、楽しく手軽なセーリングが可能です。

デイセーリングに最適です。外洋で何日ものセーリングには適しませんが、港から港への1日のオーバーナイトクルージングには最適で、手ごろなサイズです。
 
全長6.33m/水線長5.34m/全幅2.52m/ドラフトUp0.54mDown1.42m/重量853kg/キール重量273Kg/セール面積18.88u(メイン10.79u+ジブ8.1u/ジェノアー155%11.35u、スピンセール22.60u/バース数4/船外機3Hp〜8Hp¥5,700,000
 
 
キヤビン内の設計に気をつかいバースは4つ、ギヤレースペース、棚などうまくまとめられています。


『舵』2000年2月号
 
Sai1boat Review PRECISION 165 & 21
 
軽量・低価格・ファンセーリングを追求しているプレシジョンボートワークス社のラインナップ、プレシジョンシリーズは米国の層の厚いセーリング界を底辺で支えるよ軽うな位置付けにある。他の多くの同価格帯同サイズ艇同様、トレーラブルであることは日本では欧米ほどの強みはないが、浅吃水や起倒式マストなど、トレーラブルであることによる特徴は日本のマーケットでも魅カ的だ。
 
ショートクルージングの夢が広がる「プレシジョン21」
 プレシジョンシリーズの中で18と23に続いて発表されたのがプレシジョン21である。
 デザイナーコメントによれば、最もシンプルで手頃、そして実用的にクルージングできる18フィートと、実用的にトレーラリングできるもっとも大きな23フィートの2モデルの中間に位置するのがプレシジョン21で、その特徴も、最小のクルージング艇でもなく最大のトレーラブルボートでもないものを望むオーナー向けということだ。
 開発で力が入れられたのはキャビン内レイアウトだという。165と多少異なり、クルージングを快適に行うための船内設備を狭いスペースで実現しようとしている。フォワードバースに隣接するヘッドスペース(オプション)や収納の工夫。バルクヘッド後方左舷側のギャレーべース。左右のバースとその脇に棚などがきれいにまとめられている。これらの設備は165同様、ほとんどFRPの成形品インナーモールディングとなっている。
 プレシジョン21の軽荷排水量は853kgでバラストが273kg。同クラスのクルーザーの中でも軽い方だろう。重量感という意味ではもちろん165に比べかなりずっしりとしているが、実際乗ってみると軽い印象を受ける。この軽さは、主に船自体の質量の小ささからくるものと、控えめなスタビリティーからくるものがある。質量、つまり排水量が少ないと外力に対し敏感になる。当然外力の風を利用するセーリング性能は高まる。控えめなスタビリティーはやはりショールドラフトキールバラストによるところが大きいだろう。バラストの深さが浅ければそれだけ腰は軽くなるわけだ。センターボードはFRP製で重量が30kgほどであるから、スタビリティーへの寄与はない。上げ下ろしの仕組みはピボットを中心に回転するもので、コンパニオンウェイ直ぐ後ろから出ているラインによりコントロールする。下ろす時はこのラインを緩めるとセンターボードが自重により下がり、上げるときはラインを引いてクリートにかけるだけの簡単なものだ。下りているときに特にロック機構があるわけではないので、たとえば海底に当たった時には勝手に上がってくるだろう。これは座礁時のダメージを軽減することになる。〈FEB.2000KAZ1109〉
 
 
 
 
 
 
O'Day backs you up!
 
オーデェイの素晴らしい艇と、保管場所と、セーリングテクニックを真心込めて提供し、あなたがヨットオーナーになる夢を叶えさえていただきます。お気軽にご相談下さい。
 
ヨットのトータルソリューション提供
日本オーデェイ株式会社
   高山 晶
 
神奈川県横須賀市長坂4−13−1
Tel. 046-856-1465
Fax. 046 876-0511
携帯電話 090-3249-1552   
 
 
O'Day Japan Corporation
    Akira Takayama
 
4-13-1 Nagasaka Yokosuka-shi Kanagawa-ken Japan 240-0101
E-mail odayjapan@aol.com
 

odaysailboatjapan@yahoo.co.jpご質問、ご購入のお問い合わせはこちらまで。